総合栄養食

「ミートミール」「○○副産物」とは?

ペットショップで見かけたり、捨てられてしまった可愛い猫を飼育することになったり、あるいは仔猫を引き取ったりと、何等かの理由で猫を飼い始める人はたくさんいます。
でも、初めての飼育ですと、一体どんなものを食べさせたらいいか悩みがちです。
猫は小さい生き物ですが、意外にタフな一面もあります。
尿まわりの病気やトラブルが多いことが特徴の1つですが、その点を定期的に健診していけば、高齢猫になるまで元気な猫も多いのです。

しかし、普段与える食事があまりにも粗悪ですと、胃腸器官などにダメージを与えてしまいます。
消化不良を起こしてしまうと吐き気や下痢なども起こすので、飼い主としてきちんと安全性の高いキャットフードを厳選し与える必要があるのです。
そこで、まずはキャットフードの成分表を見てみましょう。
じっくり見てみると、普段私たちが食べ慣れているような名前から、聞いたことがないような名前まで掲載されています。

よくキャットフードで見かける素材には、「ミートミール」や「○○副産物」というものがあります。
これは一体どういうものなのでしょうか。
まず、ミートミールとは、肉として使われる素材の中で「血液や毛、ひづめや糞、胃腸(含有物を除く)部分を精製しているもの)と定義されています。
つまり、素材原価はほとんどなく、クズにような扱いのものです。
このミートミールは比率が低い方が良い製品と言えるでしょう。
カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えてはいけないという規定もあり、消化できないものも含まれません。
一方の「○○副産物」とは、動物の体から肉部分を除いた部位を使用しています。
例えば、汚染されていない肺、脾臓が該当します。
その他に腎臓や脳などの部位も該当します。
粗悪な製品ですと病死している動物の内臓も使用している実例があり、こちらもなるべく低い比率が良いとされます。

このように、含まれている素材の中にはかつて4Dとも呼ばれた病死しているもの、死体などの粗悪なものが含まれている可能性は捨てきれません
排除された製品を選びましょう。