総合栄養食

キャットフードと炭水化物

猫が心から喜ぶ食事を用意したい、それは飼い主の心からの願いではないでしょうか。
美美味しそうに咀嚼しているところを見ていると、癒しを感じるものです。
たくさん食べて元気に育ってほしいからこそ、安心できるキャットフードを買い与えたいものです。
そこで、大切な事は猫の諸国には本当は何が必要なのか、飼い主がしっかりとして知識を持つことです。

まず、人間の主食は世界中を見てみると、米や小麦、イモ類などの炭水化物が主流です。
炭水化物は栄養素もありますし、腹持ちがいいので長い間に渡って愛されてきました。
そこで、猫にも同じように炭水化物を与える人が見受けられます。
昔は、人間が残したご飯に味噌汁をかけて、「猫まんま」を与えることが日本において主流でした。
しかし、本当にこの食事で猫は健康で居られるのでしょうか。
本来猫は、主食は炭水化物ではないのです。

猫は肉食で、多くの肉から栄養素を摂って身体を維持していきます。
もちろん、一定量の穀物類は食べますが、必要以上に食べると消化不良を起こしますし、栄養不足に陥りかねません。
人間ほど炭水化物を消化できる胃液は出ないので、まずはこの事実を忘れてはならないのです。

もしも今、お手元にキャットフードがある場合、製品パッケージを見てみましょう。
あまりにも多くの炭水化物類が含まれているものは、猫にとって本来必要とする栄養素が足りていない可能性があります。
小麦ふすまなどが含まれていますが、基本は新鮮なささみなどの肉類が含まれている事が望ましいのです。
タンパク質が豊富な肉類を食べることで、猫の筋力や身体は鍛えられ、健康な身体を維持していけます。
そのため、どんな食材が含まれているのか、厳選をしてからキャットフードを購入しましょう。
こちらにもかいてありますが、キャットフードの原産国も注目してほしいポイントのひとつです。

安価なキャットフードの多くは穀物類でフードをコストカットしている可能性が高いのです。
また、とうもろこしなどもよく含まれていますが、遺伝子組み換えなどを避けている製品もあります。
こうした細かい点も、猫の健康を支える大切なポイントです。